ジャンプキルト

サータのピローソフトがひと目見て他のマットレスと違いを感じるのが、独自のキルティングパターン「ジャンプキルト」(表面層)です。
サータが採用する「ジャンプキルト」は、一般的な連続キルトと異なり、体を包み込むような抱擁感を実現するため、不連続のキルティング方式を採用しています。


ジャンプキルトにより体圧分散性が15%向上 (当社比)

キルト(パッチワーク全般の総称)はベッドカバーなどにも使われていますが、サータが採用したジャンプキルトは、体を包み込むような抱擁感を実現するためのキルティング方式(不連続キルト)で、一般の連続キルトと異なります。

連続キルトは、圧力がかかった時にその周りも引っ張られる感じがありますが、サータのジャンプキルトはキルティングが連動していないため、圧力がかかった場所だけが沈み、表生地も余裕をもって体を包み、体圧分散性が連続したキルティングより15%向上(当社比)しています。