Sertaが支持されている理由とは?

2017.12.04

全米ベッド売上ランキング 6年連続1位に!

ドリームベッド社がライセンス契約を結び、日本での製造・販売を担当している有名マットレスブランド「Serta(サータ)」。

アメリカの家具業界専門誌『FURNITURE Today(ファニチャートゥデイ誌)』が今年6月に発表した調査結果によると、Sertaはアメリカのベッド売上ランキングで「6年連続全米1位」を獲得。データが示す通り、多くの人から圧倒的な支持を受けているマットレスなのです。

1. Sertaが支持されている理由とは?

では、なぜSertaはそんなにも愛されているのでしょうか?――この問いの答えを探るべく、今回は渋谷にあるドリームベッドの東京ショールームで、商品企画部 企画課主任の河内山裕二さんにお話を伺ってきました!

1. Sertaが支持されている理由とは?

Serta誕生ストーリー

コンセプトは「より快適な眠りと、健康の追求」

Sertaは1931年に「より快適な眠りと、健康の追求」というコンセプトのもとにスタートしました。

このコンセプトを実現するため、Sertaは創業当時からマットレスの品質に徹底してこだわり抜いています。当時体重が100キロあった創業者は作ったマットレスの品質を証明するために、何時間もマットレスの上で飛び跳ねたというエピソードがあります。

誕生から86年が経過した現在、Sertaはフランス、イギリス、日本など世界27か国、約60社とライセンス契約を結ぶマットレスメーカーになりました。今も語り継がれる創業者の言葉に「最高の技術、最高のサイエンスは、全てカバーの下に隠れている」というものがありますが、“最高の技術、最高のサイエンス”について、これから詳しくご紹介します。

Sertaの特徴 その1 ポケットコイル

通常、マットレスの中には体重を支えるために「コイル」と呼ばれるバネが入っています。

Sertaはコイルも特徴的で「ポケットコイル」というものを使用しています。“ポケット”とは不織布と呼ばれるコイルを包む袋のことで、マスクや紙おむつ等に使用されている通気性の高い繊維集合体を使っているため、Sertaのマットレスは内部を快適な状態に保つことができるのです。

1. Sertaが支持されている理由とは?

マットレスの中のポケットコイル

ポケットコイルはこのようにひとつひとつがポケットに入って独立しているので、「体を点で支える」という特徴があります。

コイル自体にもこだわりがあり、Sertaでは「SWRH82B-C」というJIS規格最高グレードの線材を使用しています。一般的なワイヤーと比べ、カーボンの含有量が82%と高く、硬度が出てへたりにくくなっています。ただ硬いだけでは脆いので、マンガンを入れて粘り気を出しています。また、不織布の袋に入れる時点で、スプリングコイルの高さを圧縮することにより、強度や耐久性をさらに向上させています。

Sertaの特徴 その2 ジャンプキルト

マットレスの“縫い方”にもSertaはこだわっています。

一般的にマットレスには、糸を連続して縫い合わせる「連続キルト」が多く使用されていますが、サータは、キルティングが連続していない「ジャンプキルト」を採用しています。

1. Sertaが支持されている理由とは?

一般的な「連続キルト」のマットレス

1. Sertaが支持されている理由とは?

Sertaのジャンプキルト(不連続キルト)のマットレス

連続キルトの場合、マットレスの表面全体が繋がっているため、1か所が沈むと全体も連動して沈んでしまいます。一方、Sertaのジャンプキルトは全体が繋がっていないので、圧力がかかったところだけが沈み、結果的にマットレスのフィット感やソフト感が増すのです。

Sertaの特徴 その3 日本人に合わせた改良

全米ベッドシェアランキングNo.1のSertaは日本人にも愛されています。

その理由は、アメリカで開発されたマットレスをそのまま日本に持ち込んで販売しているのではなく、ドリームベッドが品質はそのままに、日本の工場で日本人の住環境や体形に合わせて改良しているからです。

たとえば、アメリカではソフト感の高いマットレスが好まれる傾向にありますが、日本では畳文化の影響か、比較的しっかりした硬さのあるマットレスのほうが好まれます。そこで独自にコイルで硬さを調整しています。

さらに、日本はアメリカと比べて高温多湿の環境なので、マットレスの側面全周に「ヘルシーエアーレット」という孔を3列設けて、寝返り時に起こるサスペンションの上下動で、まるでマットレスが呼吸するかのように内部にこもった湿気を放出する工夫をしています。

日本で唯一Sertaの製造・販売ライセンスを保有するドリームベッド

ドリームベッドは日本で唯一、Sertaとライセンス契約を結んでおり、アメリカのSerta本部からは「Serta Japan(サータ・ジャパン)」と位置付けられています。

一般的な「販売代理店」と異なり、特許・商標およびノウハウを共有して、本部が製造する製品と同じ製品を製造・販売できる契約を結んでいます。

そのため、日本でSertaの技術と品質、信頼を提供できるのはドリームベッド1社だけなのです。マットレスに興味のある方は、ぜひドリームベッドのショールームやSerta取扱店で寝心地を体験してみてください。

(取材・文/廣田喜昭)

Recommend

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

Next

Ranking

READ MORE
TVCM公開中!

PAGE TOP