良い睡眠をとるためにはどのようなことを実践すべきか

2018.03.26

睡眠時間だけではなく、睡眠に対する心がけをどう行うかが重要

快適な睡眠をとるためにはどうすればよいのでしょうか。睡眠時間をたっぷりとればよい。確かに睡眠時間をしっかり確保できればそれなりに快適な朝を迎えることができるでしょう。ただし、それだけでよいのでしょうか。さらに快適な朝を迎えたい場合には、日々の生活習慣も改善し、健康を維持することが重要となります。そして、質の良い睡眠を確保することが重要なのです。

リラックスできる体制にしよう

そこで、まず一日を快適に過ごすために、リラックスできる生活へ改善していきましょう。ストレスをためず、リラックスした生活をいかに送ることができるか。これが日々の行動に良い影響を与えます。では、実際にどのような行動をとればよいのでしょうか。

適切な食事を心がける

皆さん、毎日3食しっかり食べていますか? 特に朝食を抜いていませんか? 朝食をしっかりとり、朝から健康な状態を保つことは、仕事面でも重要なことです。朝食をとる富裕層は多く、朝からバランスの良い食生活を実践しているケースが多いです。食事は活力の源であるため、朝食をしっかりとることで仕事にもプラスの影響をもたらすことでしょう。

軽い運動を行う

ビジネスマンにとって、仕事は一日の大半を占めるため、運動不足に陥るケースも多いものと想定されます。朝の散歩や夕方以降の運動など、継続できる範囲で軽い運動を行い汗を流してみましょう。体が軽く感じられるようになるかもしれません。

半身浴、ぬるめの入浴を心掛ける

入浴時に、ぬるめの温度で半身浴を心掛けてみましょう。ゆっくり浸かることでリラックス効果が期待できます。一日の疲れをまずは入浴でリフレッシュさせ、気分を爽快にさせるのです。このリフレッシュは睡眠を快適なものへともたらすことにもつながるでしょう。

寝る環境づくり

睡眠をとる前に、寝る環境づくりを行ってみましょう。寝る前に少し明かりを暗くし、室温を快適な環境にします。できるだけリラックスできる環境をつくるのです。こうすることで安らかな眠りにつくことができるようになります。

4つの内容は筆者の顧客が実践しており、富裕層の皆様に共通した行動です。

こうした行動は睡眠にもプラスとなり、日々の活動にプラスの影響を与えているものと考えられます。ぜひ皆さんも実行してみませんか? 毎日が快適となり、仕事がはかどり良いことづくしとなるかもしれません。

伊藤 亮太ライター:伊藤 亮太
ファイナンシャル・プランナーとして、週刊東洋経済、日本経済新聞などの経済誌や金融機関をはじめ、執筆、講演活動は多岐にわたる。専門家の視点から睡眠・寝具に関する情報を発信。
 

Recommend

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

Ranking

READ MORE

Keywords

眠りについて睡眠環境
商品知識体験談
ホテル
「Serta」サータマットレスプレミアムホテルキャンペーン
TVCM公開中!

PAGE TOP