マットレスの寿命ってどれぐらい? 交換する目安とは

2017.12.18

マットレスの寿命ってどのぐらいかご存知ですか?

マットレスを何年も使っていると、いつまでこのマットレスは持つかと疑問に思いませんか? いつまで利用できるかがわかれば、買い換える目安にもなり、どのぐらいの予算で購入しようか考えも変わってくるのではないでしょうか。そこで、どれぐらい利用できるのか、一般的な目安について解説していきます。

環境によって異なるものの、10年が1つの目安となる

マットレスの使い方次第で何年使えるかは変わってきます。例えば、寝返りを打つ回数やその人の体重によっても異なってきます。そのため、どの程度長持ちするかの絶対的な基準はないものの、一般的にはしっかりとした製品であれば10年ほどが1つの区切りといわれています。

製品の質によっても異なる

当然ながらマットレス製品の質によっても異なってきます。場合によっては数年しかもたないといったケースもあります。そのため、良いものを購入し長く使った方が効果的といえます。

きしむ音がするようになってきた場合やクッション部分がへこんで変わらない場合には買い替え時

買い替えを知る目安には、「きしむ音」や「ウレタン等のへたり」といった点をあげることができます。きしむ音は眠りを妨げることにもなります。マットレスの表生地とコイルの間にあるウレタン等が随分とへたっているような場合には、睡眠時の姿勢にもマイナスの影響を与えることになり、不眠へとつながってしまう恐れがあります。そのため、買い替え時期と判断したほうがよいでしょう。

朝疲れが抜けない方も買い替えた方がよい

このほか、体にフィットしないマットレスの場合、寝返りの回数が増えるなど体に支障をきたすことにつながっていく場合があります。朝に疲れが抜けない、肩こりがひどいなどといった場合にも、買い替えを検討するとよいかもしれません。マットレスの表地が破れた場合にも、中に配置してあるコイルが露出し体に当たるといった恐れがありますので、買い替えを検討しましょう。

1つでも当てはまった方は、サータのベッドに買い換えてみませんか?

上記の通り、マットレスは基本10年程度で交換するのが通常と考えましょう。もし、1つでも該当し買い替え時期だと感じたのならぜひ効果のある本物のベッドに買い替えませんか。一生で何度も買い替えするわけではないため、熟睡効果を得たいならばサータのベッドはおすすめです。

伊藤 亮太ライター:伊藤 亮太
ファイナンシャル・プランナーとして、週刊東洋経済、日本経済新聞などの経済誌や金融機関をはじめ、執筆、講演活動は多岐にわたる。専門家の視点から睡眠・寝具に関する情報を発信。
 

Recommend

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

Ranking

READ MORE

Keywords

眠りについて睡眠環境
商品知識体験談
ホテル
TVCM公開中!

PAGE TOP