全米売上No.1の実績を支える確かな技術
サータの特徴

ポケットコイル

ポケットとは・・・

コイルひとつひとつを包む袋を指します。ポケット(袋)は通気性が高く吸湿性のない繊維集合体を使用しているので、マットレスの内部の放湿性に優れ、マットレスをいつも快適な状態に保っています。

コイルに使用している線材は、SWRH82B-Cという日本製の最高級品を使用しています。一般的なワイヤーと比べ、カーボンの含有量が通常40%のところ82%と高く、硬度が出てへたりにくくなっています。ただ硬いだけでは脆いので、マンガンを入れて粘り気を出しています。さらに不織布製の袋に入れる時点で、スプリングコイルの高さを約25%圧縮(195ミリ⇒145ミリ)することにより、強度や耐久性をさらに向上させています。

ドリームベッドが使用しているスプリング線材

さらにドリームベッドのマットレスは、お客様に安心してご購入いただけるために全日本ベッド工業会認定の衛生マーク表示の資格獲得と、国際規格であるISO9001認証取得工場での生産で、安心を保証しています。

線径の異なる2種類のポケットコイルを配列

ポケットコイルマットレスは、体を点で支えるところが最大の特徴で、一つひとつのコイルが独立して数多く配列されていますので、どのような寝姿勢にも圧力をあまり感じず、体のラインを優しく受け止めてくれます。

サータのポケットコイルは、マットレスへの荷重のかかる度合いに応じて1.9ミリと2.0ミリの2つの異なる太さ(線径)のポケットコイルを使用しています。人の体は頭部、胸部、腰・臀部、脚部の5つの部分構成されており、一般的に頭部8%、背部33%、臀部44%、脚部15%の割合で荷重がかかるといわれています。
一番荷重のかかる腰・臀部に少し太めの線径2.0ミリのポケットコイルを配置し補強することで、バランスの良い荷重分散と耐久性の向上を実現しています。

さらに、腰掛けるケースの多い両サイド2列にも線径2.0ミリのコイルを配列して補強し、腰掛けた時の落ち込みを防いでいます。ポケットコイルの配列は、商品別に交互配列と並行配列を用意し、しっかりとした寝心地やソフト感のある寝心地をお客様に選んで頂ける仕様にしております。

配列が変わればバネ数がかわり、しっかりとしたマットレスへ

もともとポケットコイルは並行配列だけでしたが、バネ数を変えるために、配列を工夫してあります。基本的にどちらの配列もポケットコイルのバネは、同じ大きさです。配列が変わればバネ数がかわり、バネが多いほど硬くなりより体をしっかりサポートしてくれます。

業界初 安全性を標準装備したファイヤーブロッカー

ファイヤーブロッカーとは

2006年3月15日、アメリカ全土にて規制された、マットレスの火災に対する安全性基準(家具設備等における)【防災基準/CFR-1633】をクリアーした難燃仕様のマットレスです。SERTA JAPAN(サータジャパン)としても、これまでの高品質に加え、【安全性】を標準装備しました。

FIREBLOCKER
サータのマットレスには【安全性】を追求し、 難燃素材をほどこした 【FIREBLOCKER/ファイヤーブロッカー】を標準装備しています。

CFR-1633テスト風景

※CFR-1633のテスト方法:マットレスをガスバーナーで横方向から50秒、上方向から70秒焼き、
バーナーを止めてその後の鎮火時間で判定します。

日本の火災に関する背景は・・・?

日本の国内において、毎年6万件の火災が発生し、住宅火災による死者は建物火災の約9割り、そのうち65歳以上の高齢者が過半数を占めていると言われています。(住宅防火対策推進協議会HPより/2006年2月)高齢化の進展に伴い、防災品は今や安全な暮らしの必需品になっています。

FIREBLOCKER(ファイヤーブロッカー)とは・・・?

有害化学成分を含まない、【自然物質】と【素材難燃繊維】のブレンド素材です。 【自然物質】はセルロースを主成分とするコットンなどの繊維で、【素材難燃繊維】は難燃性の化学繊維です。 燃焼に必要な酸素の供給を妨げる/遮断する働きをする事により、発火までの時間を遅らせ、燃焼時に排出される有毒ガスの発生を遅らせ、避難時間を確保できるようになります。つまり、「マットレス自体を出来る限り長い、燃焼から守る」事により【プロテクター】としての機能がFIREBLOCKER(ファイヤーブロッカー)の特徴なのです。

FIREBLOCKER(ファイヤーブロッカー)のメカニズムは・・・?

燃焼するのに最低限必要な酸素量を物質毎に数値で表したものを【LOI値(限界酸素指数)】と言います。このLOI値が20を下回るものは燃焼性が非常に高いと言われています。
一般的なコットンのLOI値は17~18と言われますが、FIREBLOCKER(ファイヤーブロッカー)で使用している素材難燃繊維のLOI値は約33で、非常に難燃性の高い素材を使用しています。この燃焼繊維(不活性物質)をサータマットレスの第二層(表生地の下側)に施すことにより、酸素の供給を妨げる働きをし、燃焼を出来る限り抑え、頑固な炭素の膜になることにより、内部への炎の侵入と酸素の供給を遮断します。表面が炭化して皮膜を作る事により、大きな発火現象(フラッシュオーバー)までの時間を遅らせ、内部層(ウレタン等)が燃焼した時に排出される有毒ガスの発生を遅くし、避難時間を確保出来るようにします。
※LOI値(JIS K-702 限界酸素指数)

独自のキルティングパターン「ジャンプキルト」

独自のキルティングパターン「ジャンプキルト」

サータのピローソフトがひと目見て他のマットレスと違いを感じるのが、独自のキルティングパターン「ジャンプキルト」(表面層)です。
サータが採用する「ジャンプキルト」は、一般的な連続キルトと異なり、体を包み込むような抱擁感を実現するため、不連続のキルティング方式を採用しています。

連続キルトは、圧力がかかった時にその周りも引っ張られる感じがありますが、サータのジャンプキルトはキルティングが連動していないため、圧力がかかった場所だけが沈み、表生地も余裕をもって体を包み、体圧分散性が連続したキルティングより15%向上(当社比)しています。

キルト(パッチワーク全般の総称)はベッドカバーなどにも使われていますが、サータが採用したジャンプキルトは、体を包み込むような抱擁感を実現するためのキルティング方式(不連続キルト)で、一般の連続キルトと異なります。
通常のキルティングは連続しており(連続キルト)、圧力がかかった時にその周りも引っ張られ突っ張った感じがあります。

その点、ジャンプキルトはキルティングが連動していないため、圧力がかかった場所だけが沈み表生地も余裕をもって体を包み、2人寝の場合、さらに振動が伝わりにくくなります。

次にピローソフト内に入っている詰物には、軟質ポリウレタンフォーム、プロファイルソフトウレタン、プロファイル軟質ポリウレタンフォームなどを使用し、他の特徴を持った厳選された詰物とのバランスにより、ジャンプキルトが最高の体圧分散性(15%向上/当社比)を発揮し、体全体を包み込んでくれます。
このほかにも、ピローソフトの部分がマットレスと完全に独立させた構造も大きな特徴です。

ピロートップの詰物の部分がポケットコイルやボンネルコイルなどのスプリングと一体(マットレス部分からの詰物の積み上げ式)となっている商品が多いなか、サータではマットレス部分と詰物を独立させているため、ピローソフトの効力が100%発揮できることが大きな特徴といえます。

ヘルシーエアーレット

マットレスの側面には空気を抜くヘルシーエアーレットという孔を3列に設け、内部にこもりがちな湿気を寝返り時におこる微妙なサスペンションの上下動で呼吸するように放出します。

Ranking

READ MORE

PAGE TOP