全米売上No.1 マットレスブランド 「Serta」サータ

カタログホテル納入実績法人向けサービスよくあるご質問お問合せ

トップページ > サータについて > サータの歴史

東京・大阪・広島ショールーム
WEBカタログ
よくある質問
カウティングシープについて
サータについてサータの歴史についてサータについてサータの技術についてサータについて
品質と実績が物語る、全米売上No.1

サータ社の歴史は1931年、より快適な眠りと、健康の追求というコンセプトとともに始まりました。
世界ではじめて、本格的なマットレスの供給に取り組んだ1人の男は、その品質を証明するために、220ポンド(約100kg)の巨体で、スプリングマットレスの上を数時間も飛び跳ねたといいます。
“最高の技術、最高のサイエンスは、全てカバーの下に隠れている。真の保証は、どんな場合でも型くずれしない、という人々の評判から生まれてくるのだ。”
彼のこの言葉は、現在全米をリードするマットレスメーカー「サータ社」のサクセスストーリーの原点と言われているものです。

マットレスに必要な硬さと、人体に感じるソフト感といった相反する2つの要素をたくみにまとめあげた“ソフトタッチの硬いマットレス”を作り出し、いまやサータ社はアメリカ、イギリス、フランスや日本等、世界27カ国にて60社近いライセンス契約を結んでいます。そして、サータ社がこだわり続けるマットレスは、一般家庭はもちろん、一流ホテルをはじめ数多くのホテルに採用され、全米売上No.1の実績を誇っています。この実績は、寝心地の良さと製品の優秀さを物語っています。

売上の推移

沿革
1931年 13社の独立したマットレスメーカーにより「スリーパー・プロダクツ」という会社を設立し、その年に業界初となる、
また当時世界で最も快適なマットレスと言われた「タフトレス・インナースプリングマットレス」を開発。
1933年 「Serta Sleeper Products」へ社名変更し、本部をフィラデルフィアからシカゴへ移転。
1937年 35の製造拠点を有し、当時業界全体の12%にあたる売上規模まで成長。
1940年 「Serta Inc.」へ社名変更。
1941-45年 戦時中の資材不足を補う為、資源に富んだ代用資材を用いた「4-A Perfect Sleeper」を開発。
1950年代 SertaPedicシリーズを展開し、同時に広告媒体に力を入れる。
1960年代 製造拠点を39まで拡大し、$70ミリオンまで売上を拡大する。
1970年代 業界初となる「ピローソフトマットレス」を開発。
1980年代 6カ国・43の製造拠点に加え、34社とライセンシー契約を結ぶ。
この年、業界初となる連続コイルを使用した「Serta Perfect Sleeper」を発表。
1990年代 ファイバーとフォームを組み合わせた詰物「Comfort Quilt」などを開発し、売上を$500ミリオンまで一気に拡大。
この年、「We Make the World's Best Mattress」のキャンペーンを打出す。
2000年 「Serta Counting Sheep」をブランドキャラクターとして採用。また、新たな素材を用いた「Perfect Night」を発表。
2002年 カウンティングシープが、広告媒体で権威のある「Gold Effie」を受賞する。
2003年 業界初となる「難燃仕様マットレス」のシステムを構築。
2004年 難燃素材である「FireBlocker」を発表し、標準装備する。
2005年 プレミアムモデルとしての「Perfect Day」を発表。
2006年 Vera Wangとのコラボシリーズ発表。※VeraWang・・・米国で著名なブライダルコーディネーター。
2008年 カウンティングシープが、全米の年間優秀媒体アイコンに選ばれる。
2009年 Trump Homeとのコラボシリーズを発表。
2010年 Perfect SleeperがNational Sleep Foundationの公式マットレスに選ばれる。
2012年 アメリカ本土・カナダに27の製造拠点を有し、世界60ヶ国に販売網を持つ企業に成長。
また世界規模のホテルチェーンとの提携により、2011年度「全米売上No.1マットレスブランド」を達成。
2011年度の全米ランキングで、「全米売上No.1マットレスブランド」※ に輝く。
※情報源:ファニチャートゥデイ誌2012年6月出版号
2013年 2012年度の全米ランキングで、2年連続「全米売上No.1マットレスブランド」※ となる。
※情報源:ファニチャートゥデイ誌2013年6月出版号
2014年 2013年度の全米ランキングで、3年連続「全米売上No.1マットレスブランド」※ となる。
※情報源:ファニチャートゥデイ誌2014年6月出版号
SERTA JAPAN

ドリームベッドはサータ社のライセンスグループ内で「サータ・ジャパン」と位置付けられています。これはサータ本部が全世界的に展開し、日本国内では一社にしか認めていないライセンシーをドリームベッドが保有していることを意味しています。
ライセンシーとは、一般的に言われる「販売代理店」とは異なり、サータ本部が所有する特許・商標(いわゆる工業所有権)及びノウハウを共有して、本部が製造する製品と同じ製品を製造・販売できる契約であり、それを実行することを認められた企業を意味します。
つまりドリームベッドは、サータ社の技術とノウハウ、それにより培われた品質と信頼を提供することのできる、日本で唯一のベッドメーカーなのです。
>> ドリームベッドについて

SERTA JAPAN