Gel Memory Formについて

※情報源:ファニチャートゥデイ誌
2016年6月出版号

Serta社を全米No.1※
マットレスメーカーに導いたシリーズ!!

Gel Memory Foam
(ジェルメモリーフォーム)

ジェルを組み込んだ新開発のメモリーフォームで、数々の優れた特長を持つ詰め物素材です。

優れた体圧分散性

特に圧力のかかりやすい腰臀部を中心に、よりバランスの良い体圧分散を促します。下の体圧分散図は、同じコイルユニットと同じ形状のピローソフトを使用した詰め物違いの商品を比較したものです。

アクティブサポート
(体の凹凸に応じた支持力)

加重のかかりやすい腰臀部ほど、強い力で体を支えてくれます。加重のかかりにくい部分は、メモリーフォーム特有の心地よさで体をやさしく包み込みます。底づき感のない安定した寝姿勢をサポートしてくれます。

優れた復元率

従来の低反発ウレタンの約2倍の復元率。
復元力が高いため、寝返りの妨げも軽減してくれます。

※ヒステリシスロス率とは?垂直方向に始めの厚さの75%まで押し込んだ後、加圧板を戻して3〜5分間放置。再び、加圧板を始めの厚さの75%まで押し込んだ後、同じ早さで加圧板を戻して、その時の履歴=力ーたわみ曲線から得られる変形及び回復の1サイクルの機械的エネルギー損失。

すぐに得られる心地よさ

従来の低反発ウレタンに比べ、体になじむスピードが早いため、横になった瞬間の違和感もありません。

熱がこもりにくい

ジェルメモリーフォームは、従来の低反発ウレタンに比べ、約6倍の通気性をもっております。さらに冷たい感触のジェルが組み込まれているため、マットレスの温度上昇を遅らせ、心地よい寝床内環境を保ちます。

一般低反発とジェルメモリーフォームに熱を加え、温度変化と所要時間を示したグラフ。ジェルメモリーフォームの方が 熱くなるまでに時間がかかる。

優れた耐久性

圧縮残留歪み【1%以下】という驚異的な耐久性。一般低反発の約1/2の歪み量しかないため、耐久性も大変優れています。

※圧縮歪みとは?試験サンプルを圧縮板によって規定の割合で圧縮し、設定した温度環境下で規定時間保持することで生じる、試験サンプルの「残留歪み」

Ranking

READ MORE

PAGE TOP