あなたは横向き? 仰向け? 寝姿勢のクセは身体の歪みだった?

2016.09.29

みなさんは『寝姿勢』という言葉をご存知でしょうか?

良質な睡眠を取るための方法や寝具については気にされている方が多いですが、寝ているときの姿勢まで気にされている方はなかなかいません。「仰向けだと、何だか落ち着かない」、「何かを抱くとすぐ眠れる」etc…

こういったクセがある人は実は身体の歪みが原因である可能性が考えられます。寝ているときの姿勢が悪いと、疲労の回復や次の日の体調に影響を及ぼします。姿勢と睡眠は密接に関係しているのです。

寝姿勢のクセありませんか?

私たちの身体は、パソコンや携帯などのうつむいた姿勢、座りっぱなしや、立ちっぱなしなどの姿勢により絶えず負担がかかっています。日中は正しい姿勢を維持し続けることが難しく、こうした不良姿勢を続けていると、肩や首の筋肉は緊張状態となります。

やがて筋肉疲労を起こし、それは「コリ」となり、痛みを感じるようになってしまうのと同時に、骨盤や姿勢の歪みとなって現れます。何にも邪魔をされずに休むことができる睡眠中は、しっかりとした寝姿勢で寝ることで身体の歪みを取る絶好のチャンスでもあります。

「正しい寝姿勢」ってどんな姿勢?

仰向けと横向きの寝ているときの姿勢を確かめてみましょう。理想的な寝姿勢とは、立っているときの姿勢と同じ状態であることです。

まず、仰向けになり後頭部、肩甲骨、お尻、かかとの4点がついている事を確かめてみましょう。どこかがついていないようであれば、背骨のS字カーブが崩れている証拠です。また、後頭部だけがつかない、後頭部と肩甲骨の両方がつかない方は、ねこ背の可能性が大です。

次に横向きになり、鏡で見たときにおでこ、顎、身体が一直線になっていることを確認してみましょう。その状態で大きな力を使わずに左右にコロコロと転がることができれば◎。人間は寝返りにより骨格のズレを調整しているため、仰向けでも横向きでもスムーズに寝返りを打てるかどうかが大切なポイントになります。

寝姿勢は「横向き」が寝やすい方は…

もし、「横向き」が寝やすいと感じるなら、仰向けだと眠りづらい何らかの原因があるということになります。身体の歪みによる反り腰や、過度な腰の緊張状態、枕の高さが合っていないがために、呼吸が浅くなるしなどが原因として考えられます。

仰向けに寝られない人の多くは上記の理由により、無意識のうちに心理的に横向きを選択しているのです。

「横向き」で何かを抱けば「よく眠れる」方は…

何かを抱かなければ寝られない人も、身体を丸くすることで負担を逃している傾向にあります。このパターンの人は、腰の緊張が強い、ねこ背などが原因で、仰向けになったときに息苦しさ感じるので横向きを選択するのです。まずは身体のどこかに痛みがないかを確かめましょう。

次に、枕が自分に合ったものかどうかをチェックするようにしましょう!

快適な寝返りを決めてくれる「枕」

高すぎたり低すぎたりする枕は首や肩、腰に負担がかかるのと同時に歪みを引き起こします。

歪みや姿勢の悪さは、日々の体調にも大きく影響を与えてしまいます。姿勢の状態がいいかどうかが健康にとっても大きな問題となりますので、自分の頭にしっかりフィットする枕を選ぶことが大事です。

反り腰の人はどう直すべき?

腰が反り返り、お尻が突き出ているのが「反り腰」です。仰向けで寝ると背中が反ってしまい、腰に負担がかかり、腰痛を引き起こします。

対処法としては、膝の下にタオルを丸めた物を入れることで、反りの角度を緩和することができます。こうすることで、横向きでしか眠れない人も仰向けで眠ることができます。

仰向けで眠るクセをつける意味でもオススメです。

歪んだ背骨をリセットしてくれる「寝返り」

朝起きた時から疲れている。疲労が取れない。気分がスッキリしない。こういった症状のある方は、枕と寝姿勢を見直してみてはいかがでしょうか。寝姿勢がよくない方は、正すことで睡眠の質がアップします。

寝返りの打てない状態では、身体の同じ箇所に絶えず圧力がかかっているので、血行が悪くなり、身体の痛みや体調不良につながります。

身体の歪みは寝姿勢にも影響するのでクセを見つけることが、身体の不調の発見につながりますのでいち早く見つけて歪みをとれば、

1.歪みやコリが改善され、健康な身体になります

2.身体が引き締まり、太りにくい身体になります

3.身体も心も元気になり体力がつきますと、いいことずくめ。

寝ているときに上手に寝返りを打てれば、本来のあるべき「正しい位置」に骨格を戻すことができるようになります。

その日の骨格の乱れはその日のうちに正すこと。睡眠の質を上げることは=生活の質を上げることを意味します。

 

監修:睡眠健康指導士 依田恭平

 

Recommend

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

Next

Ranking

READ MORE

PAGE TOP