「iSeries(アイ・シリーズ)」の心地よいフィット感を満喫する!

2016.08.24

1931年、サータ社は米国で『より快適な眠りと、健康の追求』というコンセプトを掲げて創業し、世界ではじめて、本格的なマットレスの供給に取り組みました。それから85年。現在では世界27カ国にて、60社近いライセンス契約を結んでいます。

サータマットレスの豊富なラインナップの中でも、サータ社を全米ナンバーワンに導いたシリーズが、「iSeries」というブランドです。今回は東京の渋谷ショールームにて、当社の河内山が「iSeries」の最大の特徴であるジェルメモリーフォームについてご紹介します。

従来の低反発のイメージを覆す「ジェルメモリーフォーム」

ジェルメモリーフォーム

一般的な低反発ウレタンと比べると、身体になじむスピードが早いのも特徴のひとつです。また、荷重がかかればかかるほど、強い支持力を生む特性を持っているので、荷重のかかりやすい腰部分をしっかりと包み込んで支えてくれます。そのため、どんな姿勢で寝ても安定感のある寝心地が感じられます。

特徴その1 均等に圧力を分散する「体圧分散」

均等に圧力を分散する「体圧分散」

腰は身体全体の体重を支える大切な部位です。そのため、日常生活において常に腰周辺の筋肉や靭帯には大きな負担がかかっています。それは就寝中にも同じことがいえます。

「ジェルメモリーフォーム」には「体圧分散」の機能があり、荷重がかかりやすい腰に負担をかけ過ぎず、均等に体圧分散を促します。これとポケットコイルの組み合わせることで、より腰に負担をかけず、バランスよく身体全体をサポートしてくれるのです。

特徴その2 体の凹凸に合わせた支持力

体の凹凸に合わせた支持力

肩、腰、お尻といった身体の出ている部分には、寝姿勢によってはどうしても荷重がかかってきます。ところが、その荷重によってジェルとジェルが結合します。結合したジェルが沈んだ部分をやさしく包み込んでくれるため、底づき感のない安定した寝姿勢をキープできるのです。

特徴その3 心地よいフィット感と打ちやすい寝返り

心地よいフィット感と打ちやすい寝返り

人は同じ姿勢で寝ていると血行が悪くなるので、無意識のうちに寝返りを打っています。その回数は一晩で20~30回ほどといわれています。ジェルメモリーフォームは一般的な低反発ウレタンに比べて復元力はおおよそ2倍。ですから、寝姿勢が変わっても、すぐに包み込まれるような感覚を味わうことができるのです。自然な寝返りを打つことで、寝姿勢に違和感を感じて夜中に目が覚めてしまうことも減るのではないでしょうか。

特徴その4 多孔性セル構造で熱がこもりにくい

多孔性セル構造で熱がこもりにくい

低反発ウレタンは柔らかいことが長所ですが、通気性が悪く、温度が下がれば硬くなってしまうという短所もあります。しかし、ジェルメモリーフォームは特殊なジェルを入れ込んでいるため、一般的な低反発ウレタンと比べて、通気度が約6倍もあり、熱がこもりにくく、心地よい眠りにつかせてくれます。

ショールームで実際にマットレスに寝転がってみてください!

「正直、ショールームで寝転がるのはちょっと恥ずかしい」というお客様も少なくありません。しかし、マットレスは手で押したり、座ってみるだけでは、その良さを感じてもらうことは難しいと思います。

マットレスを選ぶときは、ぜひ実際に寝てみてください。10分でも20分でも、ご納得いただけるまで寝ていただき、その良さを感じ取って欲しいですね。

ドリームポケットトルネード

こちらは、「ドリームポケットトルネード」という商品。寝比べてみると、「iSeries」とはまったく対照的な寝心地で、第一印象は硬い感じです。しかし、しばらく寝ていると不思議とその硬さが薄らいできて、心地よさへと変わっていきます。寝比べることで、よりそれぞれの特徴を感じとってもらえるのではないかと思います。

Recommend

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

Ranking

READ MORE

PAGE TOP