「ポスチャーセレクトシリーズ」は幅広い寝心地を実現する

2017.09.04

体に合ったマットレス、使っていますか?

体に合っていないマットレスを使っていると、どんなことが起こるのでしょうか?

マットレスに対する不満としてよく聞くのが「硬さが合っていないように感じる」というものです。

ドリームベッドの商品企画部 企画課主任 河内山裕二さんは「硬すぎるマットレスを使っていると、お尻と腰の部分に隙間ができて浮いてしまうような形になるので、腰痛の原因になることもあります」と話します。

とはいえ、なかなか自分に合ったマットレスを選ぶのは難しいもの……。

そこで今回は、全米ベッドシェアランキングNo.1のマットレスブランド「Serta(サータ)」を日本で唯一製造・販売するドリームベッドの東京ショールームへ行き、“6種類の寝心地を提供する”というSertaの人気マットレス「ポスチャーセレクトシリーズ」について、河内山さんに話をうかがってきました!

「ポスチャーセレクトシリーズ」とは?

ポスチャーセレクトシリーズは、3種類のコイル高(5.8、6.8、7.7インチ)と2種類のコイル配列(並行配列と交互配列)を組み合わせた、合計6種類の寝心地を提供するマットレスのシリーズです。

6種類の中から「ポスチャー(姿勢)をセレクト(選べる)できる」ということで「ポスチャーセレクトシリーズ」という名称で展開しています。

特徴 その1 コイル高

コイル高を3種類用意しているのは理由があります。

高さ5.8インチと6.8インチのコイルは真ん中が膨らんでいる「樽型」と呼ばれるタイプのコイルです。コイルには巻き数が増えるほどマットレスのソフト感が増し、また、同じ線径のコイルで比較すると、ストロークが長ければ長い程、荷重がかかると反発力が増すという性質があります。5.8インチが6.5巻きに対して6.8インチは7.75巻きと多いため、6.8インチを使ったマットレスのほうが、初期荷重をソフトに支えながらも安定感のある寝心地を生み出します。

「ポスチャーセレクトシリーズ」は幅広い寝心地を実現する

「樽型」の5.8インチのコイル

7.7インチはコイルの形状自体が先の5.8インチや6.8インチと異なります。こちらは真っ直ぐの「円筒型」で、巻き数は6.8インチよりもさらに多い9.5巻きです。コイルの線の太さも5.8インチと6.8インチは1.9ミリまたは2.0ミリですが、7.7インチは1.3ミリまたは1.5ミリとより細くなっています。つまり、7.7インチは「細い線径」と「多い巻き数」によって、5.8インチと6.8インチのマットレスよりもさらにソフト感を出しているのです。

「ポスチャーセレクトシリーズ」は幅広い寝心地を実現する

上が7.7インチ、下が5.8インチ。形、長さ、コイルの巻き数、線径が異なる

特徴 その2 配列

コイルは下記のように「並行配列」と「交互配列」の2種類があります。

「ポスチャーセレクトシリーズ」は幅広い寝心地を実現する

交互配列にすると「コイルの数が並行配列の約1.2倍」になります。コイルが多くなるほどマットレスは硬くなり、より体を支えてくれるという特徴があるので、「フィット感があり、硬めのマットレスがお好みの方」には交互配列がおすすめです。

一方、並行配列は交互配列に比べてソフト感が増すので、柔らかめのマットレスがお好みの方に選んでいただくケースが多いですね。ポスチャーセレクトシリーズでは、並行配列は「F1P」、交互配列は「F1N」と記載してあります。

特徴 その3 ゾーニング

ゾーニングとは「コイルの配置」のことです。

ポスチャーセレクトシリーズのマットレスは、「場所によって線径の異なるコイルを使用」しています。その理由は、補強すべきところは太いコイル、ソフト感を出すところには細いコイルという配慮をしているからです。

人がマットレスに横たわった際に最も荷重がかかるのは腰臀部が当たる部分で、その比率は40~50%と言われています。また、マットレスの両サイドも腰を掛けることが多いため、へたりやすい場所です。

そこで5.8インチと6.8インチのマットレスは腰臀部と両サイドに太い2.0ミリのコイル、肩や肩甲骨の部分には細い1.9ミリのコイルを使っています。ソフト感が特徴の7.7インチのマットレスは腰臀部と両サイド、さらに頭と足のまわりも太い1.5ミリのコイルで補強し、他は細い1.3ミリのコイルを使っています。

「ポスチャーセレクトシリーズ」は幅広い寝心地を実現する

ウレタンにも特徴がある

5.8インチのマットレスはコイル自体が7.7インチに比べて硬いのですが、それだけでなくマットレスの詰め物に「ハードウレタン」という硬めのウレタンを使用しています。そのため、しっかりと体を支えてほしいお客様に好まれています。

「ポスチャーセレクトシリーズ」は幅広い寝心地を実現する

一方で、7.7インチはソフト感のあるコイルに加えてソフト感がありながら、蒸れにくく、へたりにくい素材である「高触感ウレタンフォーム」を使用しているので、より体を柔らかく受け止めます。6.8インチのマットレスは、この2つの中間に位置するとお考えいただければと思います。

女性や体重の軽い方は7.7インチ、体重のある方や腰痛がある方は腰の部分をよりしっかり支えてくれる5.8インチが人気ですね。最近の若い人はベッドを子どもの頃から使っている影響か、ベッドに慣れているのでソフトなマットレスを好む傾向にあるようです。

(取材・文/廣田喜昭)

Recommend

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

Next

Ranking

READ MORE
サータ6年連続全米ベッド売上No.1記念キャンペーン
TVCM公開中!

PAGE TOP